ブラジル代表vsウルグアイ代表(コンフェデ杯)-吉田康弘 Official Blog

ブラジル代表vsウルグアイ代表(コンフェデ杯) 2013/06/28

最後のホイッスルが鳴るまで、

どちらが勝つかわからない好ゲームでしたね。

この試合ではとくにウルグアイの守備のうまさが

目立ちましたね。

なかでも前線に位置し、

両翼をになうスアレスとカバーニ。

両者ともに世界のトップリーグで得点王争いを続けている選手です。

その選手がこの試合で見せてくれた守備力は、

得点王を争う選手?という我々のイメージとはかけ離れた。

「守備の達人」でもありました。

 

でも、考えてみれば、

先頃、ユベントスへの移籍が決まったテベスも、

高い守備力を兼ね備えています。

 

これまでもそうでしたが、やはりこれからも、

サッカーは11人全員での全員攻撃、全員守備が

基本ですね。

 

▼ブログ一覧に戻る▼