日本代表vsウルグアイ代表-吉田康弘 Official Blog

日本代表vsウルグアイ代表 2013/08/15

それにしてもウルグアイは、強かったですね!

スキのない戦いかたは、まさにワールドクラス。

とは言うものの、

いまだに、ブラジルワールドカップの出場を決めていません。

南米予選では現在5位。

本大会に出場するためには4位以内に入らなければいけません。

ブラジルのいない南米予選で、

ウルグアイほどの実力があっても予選突破に苦労しているわけですから、

南米各国のレベルの高さは、想像すらできません。

 

さて、この試合。

最近とくによくいわれる「個」の能力の高さ。

もちろんウルグアイの選手はかなり高いものをもっていました。

チームの特徴は「堅守速攻」。

まず速攻は試合を見ているとわかりますが、

ドリブルで運ぶのか、パスでボールを運ぶのか、

判断が非常に早いですね。

そして、正確。

正確とは、速攻のときの「速さ」を殺すことなく、

どの方法をとればもっとも速くゴールに運べるのかということを

チーム全員で共有しています。

そして、堅守。

ボールをもっている選手に対しての寄せかた、タイミング、間合い。

なにより、「コースの限定のしかた」がものすごくうまい。

日本の選手がもっともパスをだしたいと思うコースを

確実に「限定」していました。

テレビで見ると、一見、日本の選手の判断が遅いようにも見えました。

その原因は、この「限定」により、

最初のパスの選択肢を変更せざるをえないことで、

そのように見えたということです。

 

それにしても、ウルグアイは素晴らしいチームでしたね。

ぜひワールドカップでも見たいですね!

▼ブログ一覧に戻る▼