セルビア代表vs日本代表-吉田康弘 Official Blog

セルビア代表vs日本代表 2013/10/12

厳しい試合でしたね。

ヨーロッパのトップリーグでプレイする選手をそろえた

セルビア代表は、個としてもチームとしても

非常にバランスがとれていました。

とくに最終ラインのセンターバックを中心とした

守備は強固でした。

 

日本の攻撃が機能してゴール前まで運ぶことができたシーンは、

前後半で1本ずつだったでしょうか。

タイミングよく連動して、ダイレクトパスが2・3本、

テンポよくつながったシーンでした。

 

柿谷も意識をして、そういったシーンをつくろうと

なんども試みましたが、なかなかうまくいきませんでした。

本来、ディフェンスの裏へ抜け出す動きもうまい柿谷ですが、

そんなシーンが何度あったでしょうか?

柿谷がディフェンスの裏へ抜け出したいタイミングのときには、

裏のスペースを消され、

縦のくさびのパスを受けたいときには、引いてパスを受ける

スペースを消されていました。

 

柿谷が動きを封じられた理由は、

セルビアのセンターバックのポジショニングのうまさと、

中盤の選手のプレスバック、

それからパスコースの消しかたのうまさにありました。

 

セルビア代表は、体格をいかしたフィジカルも強く、

足元の技術も高い。

そして何より、

日本代表が得意とするチーム全体の連動性が、

1枚も2枚も上手でした。

 

あらためて世界のレベルの高さを感じられ、

非常に勉強になりました。

 

 

 

▼ブログ一覧に戻る▼