日本代表vsチュニジア代表(U-17)-吉田康弘 Official Blog

日本代表vsチュニジア代表(U-17) 2013/10/25

日本代表、見事な勝利でしたね。

これで予選を3戦全勝で終えました。

チュニジア戦では、互いに予選2試合をスカウティングしているだけあって、

日本にとっても厳しい試合になりましたね。

 

これまでの2戦と違ったのは、

ひとつは相手の身体能力が今まで以上に高かったということです。

 

日本の選手の特徴は、

全員が相手ひとりくらいだったら、うまくかわせる技術があるということです。

なので、せまいスペースに追い込まれても慌てることなく、

ドリブルで「相手をズラして」パスコースをつくってその局面を打開する。

ということができます。

ただしこの試合では、

相手をズラした、と思ってパスをだすと、

もう1歩、足が出てくるという状況がよくありました。

今までなら通っていたパスが・・・

そうなってくると、

味方へのパスを相手に引っかからないようにしようという心理が働いて、

パススピードがいつもより速くなったり、

パスが、いつもの「場所」ではズレてしまう現象が起こります。

ここで混乱が起きるのが「味方との距離感」です。

この試合では、この距離感の微調整に最後まで苦労しました。

 

とは言うものの、

こういった作業を試合の中でしながら、

最終的にはきっちりと勝ち点3。

素晴らしいですね!

 

▼ブログ一覧に戻る▼