日本代表vsスウェーデン代表(U-17)-吉田康弘 Official Blog

日本代表vsスウェーデン代表(U-17) 2013/10/29

予選リーグを苦しみながらも3戦全勝で通過した日本。

対するスウェーデンは、日本が予選リーグで戦ったロシアと同じように、

高さ、スピードのあるチームです。

ただ、ロシア戦と違ったのは予選リーグでの日本の戦いを

3試合分、スウェーデンは日本をしっかりと分析する時間があったというところです。

 

日本が自陣ゴール前の低い位置でボールをもったときには多少、

プレッシャーにはくるものの、スウェーデンが守備に回った時の、

最優先事項は、自陣でしっかりと守備のブロックを形成することでした。

 

と同時に、これはスウェーデンの攻撃を生かす戦術でもありました。

スウェーデンのトップにはスピードのある選手がいるので、

日本の攻撃、相手を自陣に引き込んでおいて、

前に大きなスペースをつくり、早い攻撃を仕掛ける。

前半での2失点は、スウェーデンにとって、狙い通りだったと思います。

 

日本にとっては、予選から課題であった「クロス対応」が、

とくに1失点目には、出てしまったように思います。

もちろん相手の得点者のゴール前に入ってくるタイミングのうまさや、

クロスの確度の高さがあったことも間違いありません。

 

最終的には、1−2で敗戦してしまいましたが、

完全につくられた相手の強固な守備ブロックに対し、

1点を返すことができたことは収穫だったのではないでしょうか。

 

「96ジャパン」は、これで解散。ということですが、

この大会を経験した選手たちが、

今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!

▼ブログ一覧に戻る▼