オランダ代表vs日本代表 @ゲンク-吉田康弘 Official Blog

オランダ代表vs日本代表 @ゲンク 2013/11/17

前半の入りかたは、非常に良かったですね。

欲を言えば、その流れの良い時間帯に得点がほしかったですね。

でも、最終的には2点を先行されながらも追いつけたのは、

大きな収穫ではないでしょうか。

 

この試合で感じたことは、

ひとつひとつのパスの距離の違いです。

これはチームにおけるポゼッションのやり方の違いもあると思います。

オランダのほうが、「長いグラウンダーのパス」が

多かったように思いました。

しかも正確で速い、その上、きれいなグラウンダーでした。

テレビで見た感じでは、ピッチ状況はあまり良くないように見えました。

そのなかで、「きっちりパスを転がせる技術」はさすがです!

 

また、ロッペンの得点までの一連の流れは技術の高さを感じました。

まずは、ファンデルファールトのワントラップからのサイドチェンジ。

そこからロッペンの得意なかたちから狙いすましたシュート。

どのプレイも、ワールドクラスでした!

 

このプレイのなかで、

ひとつポイントは、ロッペンが左利きだということ。

端から見ていると、「なんでもう少し寄せないんだ」と

思ってしまいがちですが・・・

縦へのスピードをもっている選手に対して内側の足(左)でボールをもたれると、

僕の経験上、どうしても半歩、間合いが遠くなってしまう。

相手ディフェンダーにとってはかなり厄介であることは間違いありません。

 

あえて、左利きのロッペンを右サイドに、

右利きのリベリーを左サイドにおいているバイエルン。

そんな狙いがあるのかもしれません。

 

 

 

▼ブログ一覧に戻る▼