ゼロックス杯-吉田康弘 Official Blog

ゼロックス杯 2013/02/25

2013年シーズン、

サンフレッチェ広島が、幸先の良いスタートを切りましたね。

「佐藤のスーパーボレー」という見出しで多くのメディアが

取り上げていました。

あの体制からのボレーシュート。

確かに佐藤らしいシュートでしたね。

また、そこまでの一連の流れを見てみると、

アシストをしたのが、DF水本。

しかも佐藤のあの位置をしっかりと確認していました。

もちろん佐藤も、バックヘッドで、

ダイレクトで、

おおよそあの位置にボールが落ちてくる予測をしていました。

サンフレッチェのサッカーでひとつ特徴的なことを

挙げるとすれば「連動」です。

全員がおなじ「絵」「イメージ」を共有し、

攻守にわたり、イメージを共有するというレベルの高さが、

サンフレッチェの強さの要素のひとつだと思います。

それがどのポジションの選手だとしてもです。

その結果、

水本のようなアシストが生まれるのだと思います。

また、この試合、

後半押し気味に試合を進めた柏レイソル。

昨年以上に、「守備の堅さ」を感じました。

両チームともに、

今シーズンのJリーグ、ACLでの活躍期待してます!

▼ブログ一覧に戻る▼