バイエルンvsバルサ(CL)-吉田康弘 Official Blog

バイエルンvsバルサ(CL) 2013/04/25

バイエルンは国内のリーグ戦で早々と優勝を決め、

この試合までに選手個々のコンディションや、

バルサ対策を講じるための十分な準備期間がありました。

 

それにしても・・・

「前半、バルサのシュート数ゼロ!」

このような試合、なかなか無いですよね。

ただ、内容を見るとうなずけるところもありました。

バイエルンの守備が、前後半の90分を通して、

ほぼパーフェクトと言っていいほど、隙を見せませんでした。

 

では、「差」はどこにあったのか?

互いの選手個々の能力を比較すると互角。

いずれも世界のトップクラスの選手がそろっています。

 

試合全体の感想は、バイエルンの選手が守備をよく頑張っている、

という印象をみなさんもうけたと思います。

実は攻撃時にもバイエルンの選手、

かなり長い距離を走っています。

 

この試合で明暗分けた「差」は、

選手個々の【プレイエリア】にあったのではないかと思います。

 

両チームの選手全員の「総走行距離」。

バイエルンが明らかに勝っていましたね。

もちろん、走り出すタイミング、スピード、等々、

「動きの質」が高かったことは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

▼ブログ一覧に戻る▼